ホーム  >  システム  >  サスペンション・システム

システム

サスペンション・システム

アトラスのスノーシューは、シェラネバダやコロラド山脈など日本の山岳地形によく似た傾斜地での使用を前提に開発が進められてきました。その結果、高いパフォーマンスを支えるさまざまな技術、システムが生み出されました。 なかでも 最大の特徴は、「スプリングローデッド・サスペンション」。この技術によって、急斜面のトラバースといった水平でない場所でも、足の動きにストレスをかけることなく歩行できます。





スプリングローデッド・サスペンション(SLS)

雪面の傾斜や地形が大きく変化する山岳地系のフィールドでも、快適でバランスの取れた姿勢を保ちやすいように工夫されたシステムです。スプリング効果の高い強力なベルトでバインディングとフレームを連結。ベルトの強い反発力を生かしてショックを吸収し、駆動力に変換します。激しい動きにも正確にスノーシューが追従し、より正確で軽快な足さばきが可能に。(特許取得済)



 動画で見るスプリングローデッド・サスペンション





 エンデバー(スプリングローデッド・サスペンション搭載モデル)の紹介




ライトライド・サスペンション(LRS)

フリーローテーティング・サスペンションよりも軽量。ベルトを3重巻きにしたことで、後部のテールを滑らせるように歩行ができ、自然な歩幅でストレスがありません。雪の跳ね上げも少なく快適な歩行を実現します。





このページのトップへ