ホーム  >  製品  >  ピックアップアイテム「スピンドリフト」

製品

ピックアップアイテム「スピンドリフト」

アトラス スピンドリフト

バックカントリー向きスノーシューのフラッグシップモデル。最高の登坂性能を発揮するフレームに、携行時に完全にフラットにできるバインディングを採用しながらも、細部の見直しを徹底的に図り、超軽量化を実現。スプリングローデッドサスペンションにより、山岳地形での安定性と抜群のトラバース性能を誇ります。

かつてない軽量性と耐久性を両立

かつてない軽量性と耐久性を両立

横幅をスリムにし軽量化

足さばきしやすい形状に

フロント部など全体的に横幅をスリムにし軽量化、両足ペアで1.6kgを実現しました(スピンドリフト22)。絞られたスリムな形状が足さばきのしやすさを生んでいます。
またフロントデッキ部には低温化に強い樹脂パーツを採用し耐久性の確保と、構造のシンプルさが軽量化につながっています。

 
 

抜群の「トラバース能力」と「登坂性能」

ノコギリ型のフレーム全体がクランポンとして雪面をグリップする「リアクティヴィ-TRACフレーム」

リアクティヴィ-TRACフレーム

①全方位強力グリップクランポン / ②フレーム全体で強力グリップするのこぎり型デザイン

トラバース時でもクランポンを水平に保持する「スプリングローテッドサスペンション」(特許取得済)

スプリングローデッドサスペンションスプリングローデッドサスペンション

バインディングとフレームを反発力の高いベルトで連結しているため、フレームが雪面にフレキシブルに対応。斜面の横断時でもフレームは雪面に対し平行を保持しつつ、足を垂直に踏み込むことができ、山岳地形においても抜群の安定感・機動性を実現。

急斜面でも足裏を水平に保つことができるヒールリフトバー

ヒールリフトバーヒールリフトバー

かかと下のレバーを立てると、急斜面でも足裏を水平に保つことができグリップ力が向上。ふくらはぎの疲労も軽減。使用時はトレッキングポールの先端で簡単に操作可能。

素早い装着と携行性

足入れしやすい幅広なクリアランス、装着容易なZ型ストラップ

広いクリアランスZ型ストラップ

コンパクトに重ねられる高い収納性

コンパクトに重ねられる高い収納性

バインディングシステムは「パックフラット・バインディング」。ストラップをほどけば完全にフラットになるので、左右重ねてコンパクトに携行できます。

パックフラット・バインディング

ストラップをほどくと完全にフラットになるバインディングです。本体を重ね合わせてもかさばらないので、バックカントリーでのスキーやスノーボードに最適。大きめのブーツにも対応します。

スピンドリフト紹介動画

 

山岳ガイド・廣田勇介氏による製品レビュー

ライト&フラット。その他にもいくつかの特徴があるのだが、特筆すべきはこの二つの印象だ。軽くて、コンパクトに収まるということは、スノーシューを背負った時の違和感のなさにも通じている。そして、スリムな形状と必要十分な大きさで、浮力を確保している。削ぎ落とされることで生まれる機能美が、新しいスピンドリフトの核心といえるかもしれない。

廣田 勇介(ひろた ゆうすけ) プロフィール

山岳ガイド / フォトグラファー
カナダ雪崩協会 プロフェッショナル・メンバー、カナダ山岳ガイド協会 Apprentice Snowboard Guide、日本山岳ガイド協会認定 山岳ガイド

山岳ガイドとして日本国内、カナダなどでガイドする傍ら、フォトグラファーとしても活動中。ランドネ誌(エイ出版社)にて日本の信仰の山を巡る「神様百名山を旅する」を連載中。
オフィシャルサイトはこちら>>

 

雑誌『山と渓谷』2018年2月号の高評価を得ています

 

雑誌『山と渓谷』2018年2月号の 「GTR(YAMAKEI GEAR TEST & REPORT)」 VOL.23[山岳向けラッセルギア]にて、「アトラス スピンドリフト22」が高い評価をいただきました。

 

『山と渓谷』2018年2月号

 

『山と渓谷』2018年2月号より抜粋
“軽くて強靱。トラバース性能はライバルを凌駕”
“・・・アトラスの山岳モデルは全て持っているが、歴代のどのモデルよりも軽快だ。楕円パイプとT字構造のアルミフレームを組み合わせた頑丈な構造は非常に安心感が高い。”

 

(文/ ホーボージュン氏)

 
 

雑誌『ビーパル』2018年2月号の高評価を得ています

雑誌『ビーパル』2018年2月号の「今月のイチオシ! Garage Revolutionary Gear」にて、アトラス社製の「スピンドリフト22」が、「ペアで1.6kgというクラス最軽量を達成」と高い評価を頂きました。

『ビーパル』2018年2月号

『ビーパル』2018年2月号より抜粋
“・・本作は全長を22インチ(約56cm)としたことで、ペアで1.6kgというクラス最軽量を達成した。さらにバインディングは完全にフラットになるのですっきりスタッキングでき、バックパックにも取り付けやすいのだ。僕はすでに入手して雪山でテストを開始しているが、これまでのどのアトラス製品よりも気に入っている。

(文/ ホーボージュン氏)

 

製品紹介

 

このページのトップへ